彼女ができない。つらい。  

彼女ができないから
毎日がつらい。

心の奥底の自分では、女性に結構モテるかもね〜俺。な〜んて時々思っているんだけど、じっくりと客観的に自分を俯瞰して考え直してみると、俺ってそんなにモテて来なかったよな気がする。と再認識するのです。つらい。だって、現実に彼女ができないんだもの。

そうだよね、男だって女と同じで、よっぽどのイケメン・ハンサム男でない限り、そうそう女性から引っ張りだこで、いつも大人気の人生なんて皆無だよね。絶対に無い。あとは、ミュージシャンや作家で成功するような才能があるとか、顔はソコソコなんだけど大金持ちとか? まあ、何もアクションを起こさない限り、普通は彼女ができない。言っててつらいですが。

でも、未来の希望としてさ。俺のような彼女ができない男だって、これから先どうなるか分からないじゃない。つらいつらいばかり言ってないで、少なくてもそう思いたいし。モテるモテないって、単純に人数比の問題であったりするし。普通の男だって、女100人/男2人の男女比のアンバランスな世界に入ってしまったら、否が応でもモテまくりでしょう、きっと。

いい例が、女子高に赴任した若い教師とか、女子社員ばっかりの地方の工場の男子社員一人とか。こういう状況にハマれば、よっぽどのブス男か、不衛生か、性格が最悪とかの理由で、彼女ができないのでない限り、モテモテの時間を過ごすことが可能だと思うのです。

もしかして、「彼女ができない。だからつらい」なんて思っている男どもって、周りに女性がいないだけじゃないの? 女性と出会い、彼女を作りたいなら、基本、沢山の女性と出会える環境が必須でしょう。とかも思う。

「彼女ができない、だからつらい」以前に、まずは、沢山の女性に接する環境の中に自分を置く。これが一番大事だと。その次に、自分がいかにスマートな男かを自然な形でアピールする。その方法が下に紹介するいくつかの知識(教材)なんです。そういう俺だって、結構な努力を重ねて、彼女を見つけて来た訳ですから。

女性にテモたいが故に、沢山の時間を消費してきたんですよ。モテる男の性格を観察しまくって、自分なりに取り入れたり。本当は女ってどう思ってるんだろうか? 女性の本音を探ってみたり。毎回食事止まりのデートをどうにかして打破して、とりあえずキスまでに持ち込んでさ、先の恋愛を模索したり。彼女ができない俺の涙ぐましい努力の数々。つらいっちゃ、マジつらい人生だった訳で。

あの女性に、俺に対する恋愛感情を芽生えさせる為に、涙でつらい挫折だってずいぶん経験したし、そうそう、意中のあの子をデートに誘いたい。でも彼女は美人だし、沢山の男から言い寄られているのは分かっている。でも、彼女ができない男なりに色々策を練って、彼女をデートに誘うとっておきの常套句を探したりさ。

とにかく、彼女の恋愛心に火をつけるためには、どんな会話をすればいいのか? 女性を目前にすると、いつもの自分ではなくなってしまい、つまらない事ばかり口走ってしまって、余計つらい気分になる俺。なんとかジョークも交えた粋な会話に持ち込みたい。その練習の為の会話テンプレートなんて素晴らしい恋愛教材があったりするのです。

 

彼女ができない男たちに
つらい時期を乗り越えるために

彼女ができない、つらい男をモテる性格に変えるマインドレッスンなんです
女性の裏側の本音を集めた、彼女ができない男の為の、女性の取扱い説明書なんです。つらい時期を乗り越えろ
いつまでも食事止まりのつらいデートを次に進めたい、彼女ができない男どもに
彼女ができないつらい時期の男にとって、あの女性に恋愛感情を芽生えさせる方法です
意中の女性をデートに誘う為の定番動画セミナー。彼女ができないつらい君に
彼女ができない男の定番授業。女性の心を開く会話テンプレート集です。つらい夜との決裂に

 

もしもあの雨の日、
彼女に会わなかったら?

俺はあの日、言ってみれば、秘密の地下室のドアを開けてしまったのかもしれない。そこに隠されていた財宝は、途方もなく輝いていて、その価値は計り知れないものだったんだ。それまで注意深く築き上げた家庭という俺の城。もちろん妻や子供達、家や車、そして仕事。こんなものは文字どおりの砂の上の蜃気楼に過ぎなかった気がする。

俺は他に模索する道を見つける事も出来ず、というか全く他の世界を見ようともせず、他人が作り出した常識という物差しを目安にして、それにしがみついて人生を旅してきたに過ぎない道端の男だった。こうした秘密の部屋の存在を、俺は前から知っていたのだろうか? 俺は、知りながら目をつぶるという不正直の犯罪を犯していたのだろうか? それともただ単に怖かっただけなのだろうか?

俺は思う。嘘つきが心の底で本当は真実を知っているように、臆病者は恐怖を感知したらすぐに逃げ出すものなんだ。もしもあの雨の日、俺が彼女に会わなかったら? 俺のような人間が破滅を招き、周りの者までをも巻き込むとは、一体なんという天の采配なんだろうとつくづく思うことがある。

でも、俺は彼女に会ってしまったのだ。出会わなければよかった? いや、出会わねばならなかった、と理解しよう。そして秘密の地下室への扉を自らこじ開け、その部屋の中に入った。俺はその部屋で、彼女の頭の先から足の先まで歌い上げる感化の歌を聴いてしまったのだ。傍観者の驚きの顔を尻目に、踊り狂う彼女の狂喜を知ってしまったのだ。

もうこの先にある、めくるめく俺という自己への爆発に向けて、どこまでも深く沈み、どこまでも高く舞い上がってしまう自明な予知に、俺の身体中を流れる大量の血潮は、既に沸点を遥かに超え、不可能な嘘や大切であろう信頼を闇の中に消え去る準備を整えていたのだ。

今想えば、俺と彼女は、目や口や耳の奥に潜む、二人にしか絶対に理解出来ない冒険心に導かれ、二人だけの神聖な宇宙を創造する愛のチカラに酔いしれていたのかもしれない。俺は彼女がいないと、呼吸も困難になるほどに愛という暴力の形に怯えていたのだ。そんな彼女が俺から去って行った。俺はもう永久に他の女とはベットを共にしないだろう。これから俺の未来、彼女ができない事はつらいけれども、同時に悦びでもあると感じながら。

以下、オススメです。

モテる性格に自分を変える方法
女性の取り扱い説明書とは
キスより先に進めたい男心に
女性の心の中に恋愛感情を芽生えされるには
デートに誘う為の極意がある
女の心の底を刺激する会話とは?

 

 

 

★彼女ができない。つらい。

| 恋愛カップルの主導権を握る方法 |

 

 

マニキュアの語源